iPhoneのバックアップはAnyTransにおまかせ!AnyTransでiPhoneをバックアップする方法

バックアップ用ソフト

連絡先、メッセージ、写真、音楽などたくさんのデータが入っているiPhone。もしデータを誤って削除してしまったら、バックアップがそれを取り戻す唯一のチャンスです。

Apple本家のiTunesとiCloudでバックアップを取ることができますが、iCloudの無料ストーレジは5GBしかないし、iTunesでバックアップするのも面倒です。

このようなときは、AnyTransというデータ管理ソフトがおすすめです。

スポンサーリンク

AnyTransとは?

AnyTransはスマホ&クラウドのデータ管理に特化したユーティリティソフトです。

現時点では「AnyTrans for iOS」「AnyTrans for Android」「AnyTrans for Cloud」の3つの製品があります。

ここでは、「AnyTrans for iOS」を使って、iPhoneをバックアップする方法を紹介したいと思います。

AnyTransのおすすめポイント
  1. iPhoneデータを気軽にiOSデバイス、コンピュータ、iTunes、iCloud間で双方向転送
  2. フルバックアップ、増分バックアップ、エアバックアップ3つのバックアップモードを搭載
  3. LINEなどのソーシャルアプリのトーク履歴を気軽に他のiOSデバイスに移行

「AnyTrans for iOS」のバックアップ機能の使い方

▼まずは公式サイトからダウンロードしてインストールします。

WindowsとMac両方対応なので、ご利用のOSによって、AnyTransをダウンロードしてください。

▼インストールして起動すると、このような画面になります。

▼iPhoneを接続すると、このような画面になります。

iPhoneをバックアップ

▼「デバイス管理」下の「バックアップ管理」をクリックすると、バックアップの画面になります。

バックアップ機能には、フルバックアップ、増分バックアップ、エアバックアップ3つのモードがあります。

それぞれの違いは以下のとおり。

フルバックアップ 増分バックアップエアバックアップ
iOSデバイスを丸ごとバックアップするフルバックアップの後、変更された部分のみをバックアップするワイヤレス接続でiOSデバイスを自動的で定期的にバックアップする

フルバックアップの操作の方法

▼バックアップ管理画面で、「フルバックアップ」を選択した後、↓の画面になります。

バックアップする前に、データ安全を守るため、パスワード保護を有効にすることができます。iTunesと同じ暗号化技術を採用しているので安心です。

▼右の赤枠の矢印をクリックすると、バックアップが開始します。完了するまでお待ちください。

増分バックアップの操作の方法

▼バックアップ管理画面で、「増分バックアップ」を選択した後、↓の画面になります。

そのあとはフルバックアップと同じ画面になります。

エアバックアップの操作の方法

▼バックアップ管理画面で、赤枠の所のエアバックアップオプションにチェックを入れて、エアバックアップ機能を有効にすることができます。

▼環境設定では、フルバックアップと増分バックアップと同じようにパスワードをかけることができます。

バックアップのスケジュールも設定可能で、設定の時間になったら、自動的にバックアップを作成します。

バックアップから復元

▼バックアップするたびに、AnyTransは自動的にバックアップ履歴を作成します。

いつでもお気に入りの時点を復元することができます。

▼バックアップのコンテンツをプレビューし、必要に応じて、デバイスかコンピュータに復元することができます。

▼ワンクリックだけで、簡単にデバイスに復元しました。

ほかにもある!「AnyTrans for iOS」のスゴイ機能

ソーシャルアプリのデータ移行機能

LINEを始め、WhatApp、Viberなどのトーク履歴をコンピュータにバックアップし、他のiOSデバイスに移行することができます。

機種変更時のトーク履歴の移行にとても便利!

「iOSへ引っ越し」機能

AndroidからiPhoneへ機種変更する時に、Androidデバイスのデータを一括または一部のみ選択してiPhoneに移行することができます。

「オンライン動画ダウンロード」機能

お気入りの動画や音声をキーワードかURLで検索して、コンピュータかスマホデバイスに保存できます。

ダウンロード形式も選択可能です。

このほかにも、いろいろ便利な機能も搭載しています。詳しくは 公式サイトを参照ください。

「AnyTrans for iOS」を購入する

AnyTrans for iOSは、シングルライセンスかマルチライセンスの、2種類のライセンスを販売しています。

有料ソフトですが、7日間の無料試用もできます。

購入する前に、まずは無料体験版を試してみましょう。

まとめ

AnyTrans for iOSは、iOSデバイス向けのデータ管理ソフトとして、実用性の高いいろいろな機能を搭載する上、操作も非常にシンプルです。

専門知識が不要で、初心者でも簡単に使いこなせます。

iOSデバイスをもっと効率的に使用したいなら、是非AnyTransを試してみてください。

▶︎AnyTrans for iOSの公式サイトはこちら

(文章・画像:iMobie Inc,)

コメント

タイトルとURLをコピーしました