STEAM教育の通信教材が登場!幼少期の新しい学びを実現

知育・教育

人気の知育アプリ「シンクシンク」を作っているワンダーラボ(旧・「花まるラボ」)では、新しい時代の通信教材として「ワンダーボックス」を発表しました。

文部科学省でも推進している「STEAM教育」を取り入れ、知的好奇心や思考力、読解力といった、幼少期の子どもにとって最も大切な「素養」を引き出せるというもの。

受験や学校の勉強に役立つというよりも、全ての学びの「土台」になる力を育てます。

サービス開始は今年4月を予定していて、現在は先行受付中。東京・神奈川・埼玉・千葉では体験会も実施するとのこと。

ワンダーボックスについて、詳しくはこちら

\幼児教育のプロが作った!/

ワンダーボックスのすごいところ

ワンダーボックス シンクシンク 知育アプリ

ワンダーボックスは、毎月届くキット(パズルやワークブックなど)と、専用アプリを組み合わせて学ぶという新しいスタイルが最大のポイント。

プログラミングやアート、ボードゲーム、パズルなど、いろいろなテーマから子ども自身が興味関心に沿って自由に学ぶことができます。

10分を超えると休憩を促す機能や、保護者が制限時間を設定できる機能を備えているので、「子どもがタブレットやスマホにハマるのが心配」というママにも安心です。

注目の「STEAM教育」領域の学び

ワンダーボックス シンクシンク 知育アプリ

「STEAM」とは、科学・技術・工学・芸術・数学の5つの英単語の頭文字をつなげた造語です。

これら5つの領域を重視する教育方針は、自ら課題や興味を見つけだし、意欲をもって取り組み、問題を解決に導いたり、新たなイノベーションを生み出していくための教育として注目を集めています。

ワンダーボックスでは、プログラミングやアート、パズルなど、STEAM教育領域を横断する教材を多数扱います。

デジタルとアナログの良いとこ取り

ワンダーボックス シンクシンク 知育アプリ

ワンダーボックスは、毎月届くキットとアプリを組み合わせた、デジタルとアナログのハイブリッド教材です。

アプリではプログラミングをはじめとした、デジタルならではの教材を多数収録。アプリで出題されるお題を現実空間で探すなど、デジタルを効果的に活用できるようになっています。

また、キットでは自分で問題を作る「作問」のワークや、実際に手を動かして表現力や創造力を伸ばす創作ができます。

幼児教育のプロチームが制作

ワンダーボックス シンクシンク 知育アプリ

知育アプリ「シンクシンク」で培ってきた幼児教育のノウハウが教材につまっています。

「シンクシンク」は、国内外で受賞多数、150ヶ国に延べ100万ユーザーを獲得した思考力育成アプリ。IQ・学力を伸ばす効果があることが、実証実験によって確認されています。

ワンダーボックスにも、シンクシンクから厳選したコンテンツも多数収録。教育のプロチームの知見・経験を凝縮した教材です。

お得な超早割キャンペーンと、体験会も実施

ワンダーボックス シンクシンク 知育アプリ

ワンダーボックスは対象年齢4歳〜10歳で、教材費は月々3,700円から(*)。

学年があがっても、お値段はそのままです。また、きょうだいがいる場合は月々1850円で追加ができ、複数で受講するととてもお得!

現在、2月29日までの期間限定で、7%オフになる「超早割」のキャンペーンを実施しています。

でも、これまでの通信学習とまったく違うし、アプリやワークブックもどんな感じか想像つかないですよね。

そこで、タブレットやワークブックを実際に触ってみたり、質問ができたりする体験会も実施します。体験会は無料で参加でき、授業形式で保護者も一緒に参加できるそう。今のところ会場は東京・神奈川・埼玉・千葉ですが、これからの新しい教育に興味がある方はぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

(*)12ヶ月一括払いの場合

タイトルとURLをコピーしました