子どもからお年寄りまでGPSで見守るIoTサービス「あんしんマップ」アプリ版がリリース

あんしんマップ ニュース/新着情報

お互いのスマホにアプリを入れてマッチングして、位置情報を見守ることができる「あんしんマップ」のアプリがリリースされました。

[st-kaiwa1]現在位置を手軽に把握できるから、子どもやお年寄りにいいですね。[/st-kaiwa1]

 

見守りアプリ あんしんマップ(親機)

見守りアプリ あんしんマップ(親機)
開発元:ソフィア総合研究所株式会社
無料
posted withアプリーチ

 

「あんしんマップ」の特徴

 

  • 子機がどこにいるのかリアルタイムで何度でも確認できる。
  • 設定したエリアを出たら通知を受け取れる「フェンス」機能。
  • フェンスはカレンダーと連動して設定も可能。
  • ひとつのアカウントで兄弟や姉妹も同時にみまもれる。
  • みまもる側も複数人に対応しているから家族で見守りOK。
  • 静止通知や過去の移動ルート確認など便利な機能がいっぱい。

 

「あんしんマップ」の使い方

 

見守る側のスマホに親機アプリを、見守られる側の端末に子機アプリをインストールし、ペアリングするだけ。

 

あんしんマップ

 

見守られる側のアプリをインストールした端末がGPS情報を親機に発信することで、ペアリングされた親機は子機の現在位置を把握することができます。ペアリングされた親機以外は、子機の情報を受け取ることはできません。

「いまどこ?」っていちいち電話やLINEをしなくても現在位置が分かるから、子どものカバンに入れておくだけでいいのは便利ですね。認知症のお年寄りにも良さそうです。

 

機能や料金

 

この他に、エリアを離脱したらアラートが飛ぶ機能や、バッテリー残量をお知らせする機能なども用意。

 

あんしんマップ

 

料金は月額500円で、親機は4つ・子機は6つまで利用ができます。

 

あんしんマップ

 

今後は、電子機器メーカーとの協力も進めていくとのこと。福祉施設や屋外商業施設を持つ法人や自治体向けに展開していく予定です。

 

見守りアプリ あんしんマップ(親機)

見守りアプリ あんしんマップ(親機)
開発元:ソフィア総合研究所株式会社
無料
posted withアプリーチ

 

タイトルとURLをコピーしました