はらぺこホットドッグトラック

小学校低学年向け

プログラミング的思考の練習に「はらぺこ ホットドッグ トラック」

投稿日:

プログラミングで必要なことのひとつに、「複雑な情報を整理し、コンピュータが理解できる命令にする」という作業があります。

「はらぺこ ホットドッグ トラック」は、そのようなプログラミング的思考を養うアプリです。

といっても難しいことはなく、ホットドッグ屋さんになりきって遊ぶだけ。

お客さんの注文をしっかり聞いてホットドッグを作ることで、情報の分析や整理を体験します。

 

ホットドッグ屋さんになって遊ぼう

 

アプリを起動すると、「おみせコース」と「じゆうコース」のどちらかで遊べます。まずは「おみせコース」を選んでみましょう。

はらぺこホットドッグトラック

 

ホットドッグ屋さんにはいろんなお客さんがやってきます。

はらぺこホットドッグトラック

 

お客さんによって、「かんたん」「ふつう」「むずかしい」「すごくむずかしい」と、難易度が設定されています。

 

お客さんの注文を聞いて要件を整理

 

お客さんをタップすると、注文内容が表示されます。なになに、トマトは丸ごとが好き、魚はきらい…

はらぺこホットドッグトラック

この注文はお客さんによって全然違います。よく読んで分析しましょう。

 

注文に合わせてホットドッグを作ろう!

 

右下の「つくる」をタップすると、調理画面に移ります。まずは上部に並んでいる食材から4つを選びましょう。

はらぺこホットドッグトラック

 

次に、どの食材を切るのか、または焼くのかにチェックを入れていきます。左下の「ちゅうもん」をタップすると、お客さんの注文内容を確認できます。

はらぺこホットドッグトラック

 

完了したら、一番右の「これでつくる」をタップ。左から右にシェフが調理していきます。

はらぺこホットドッグトラック

 

あとはソースをかけて完成です。ケチャップをたっぷりかけてみました。

はらぺこホットドッグトラック

 

お客さんの評価とレシピを反省

 

お客さんの反応は?いまいちと言われてしまいました…。

はらぺこホットドッグトラック

 

最後にレシピを見て、どこが良かったのか悪かったのかを確認できます。そういえば「トマトはまるごとがすき」と言っていたのに、切ってしまったのが良くなかったようです。

はらぺこホットドッグトラック

 

意外と頭を使う!

 

パッと見は小さい子向けの知育アプリのようですが、注文を分析してホットドッグに落とし込む作業は意外と頭を使います。

 

子ども向けのプログラミング出前授業でも使われているアプリだそうで、考える練習をするのにぴったりだと思いました。

はらぺこホットドッグトラック

 

小学校高学年だと簡単すぎるかもしれませんが、勉強の息抜きにちょうどいいかもしれません。

 

こんな方におすすめ

  • プログラミング的思考や論理的思考を育てたい
  • 頭の体操になる知育アプリをやらせたい

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-小学校低学年向け
-

Copyright© iPhoneママ , 2018 All Rights Reserved.